提供:福岡市

ホームページを制作する場合、ドメインが必要になります。
最近は都道府県.jpのドメインもありますので、.comや.jpではなかなか取得できなかったドメイン名でも登録できるチャンスが増えました。

都道府県.jpとは「○○○.fukuoka.jp」のように、47都道府県の名称を含むドメイン名です。

福岡県や福岡市に所在するお店や企業はもちろん、福岡に関連するホームページであれば、fukuokaというワードの入ったドメインもおすすめです。

○○○.fukuoka.jpの活用方法


提供:福岡市

例えば、福岡県内や福岡市内のホテルであれば、hotel.fukuoka.jpのようなドメイン名もよいかと思います。

福岡という名称が入っていますので、ホームページやメールアドレスから地域とのつながりを示すことができます。

また、日本語にも対応していますので、
ホテル.fukuoka.jp
ホテル.福岡.jp
といったドメイン名でホームページを作成することも可能です。

誰でも取得できるの?

このドメインの登録にあたっては、日本国内に住所を持つ個人・組織であれば、だれでも申し込むことが可能です。

福岡の見所

福岡は日本でも有数の観光地です。そのような福岡には、数多くの観光スポットがあります。

糸島半島にあるサンセットロード

まず、糸島半島にあるサンセットロードです。サンセットの名のとおり、美しい夕日を見ることが出来る道路として有名です。
約33kmという長い距離の道路ですから、ドライブコースとしては最適です。また、その道中には、二見ヶ浦も望むことが出来る絶景スポットです。

観光するには最適な場所と言えるでしょう。

福岡で忘れてはならないのが、太宰府天満宮です。学問の神様として知られている天神様が祭られている全国的に有名な神社で、学問のみならず、至誠、厄除けの神様として、全国から多くの参拝客が訪れる神社です。福岡に観光に来た際には是非とも立ち寄っておきたいスポットと言えるでしょう。

次に、河内藤園です。藤が咲き乱れるトンネルを潜り抜けるという、幻想的なシチュエーションで楽しむことが出来るスポットです。

藤が見頃となるのは1年の中でもわずかに1ヶ月程度です。
その1ヶ月という期間しか藤のトンネルを見ることが出来ないため、とても希少価値が高い観光スポットとして人気があります。

タイミングが合えば必ず行っておきたいスポットと言えるでしょう。

福岡を観光するなら行っておきたいスポットが、柳川です。柳川の川下りは有名です。

柳川は、柳川市内を掘割が縦横に流れていますので、遊覧しているとあらゆる景色を眺めることが出来て楽しむことが出来ます。

ゆったり悠然と観光を楽しめるスポットが柳川の川下りです。

そして、福岡県の玄関口である北九州市にある門司港は、一度は訪れておきたいスポットです。

ここは貿易港であることから、異国情緒があふれています。

美しい門司港レトロ

そして、門司港が最も美しくなる瞬間は夜に訪れます。
門司港レトロ展望台からの眺めは絶景です。美しい夜景を眺めることができます。
その夜景に心洗われることでしょう。

このように、福岡には数多くの観光スポットがあります。これら以外にもスポットは数多く存在しますので、散策しながら観光スポットを探すのも楽しい旅となることでしょう。